トピックス
12345
2018/06/27

7月全校朝会

| by:教務課
7月の全校朝会を行いました。
6月の「遅刻5回以内表彰」では、101HR、102HR、103HR、106HR、21HR、
22HR、23HR、31HR、32HR、33HRが校長先生より表彰されました。
念願の「遅刻5回以内」を達成し笑顔を見せるクラスもあり、毎月の表彰がとても励みになっています。
 
 校長先生の訓話では『地震』と『進路』についてのお話がありました。
 「1つ目は、『地震』についてです。先日、大阪府北部を震源とする最大震度6弱の地震が発生し、死者5名、負傷者約400名という大きな被害がでました。この地震で問題視されているのは、通学途中の小学生が崩壊したブロック塀の下敷きになって死亡したということです。これがきっかけとなって、全国各地で学校や通学路の危険箇所の点検が行われています。幸いにして、本校には重大な危険箇所はありませんでしたが、皆さんの通学路はどうでしょうか。生徒の皆さんには、自分の通学路の危険箇所を確認して、地震発生時には、自らの身の安全を自らが確保できるようにして欲しいと思います。地震はいつ何時起こるかもしれません。「備えあれば憂いなし」という言葉がありますように、普段から心の準備をして欲しいと思います。
 2つ目は、『進路』についてです。7月になりますと一斉に各企業が、高校生への求人を開始します。各企業からの求人票を見て、就職希望者は自分の希望する企業を決定し、9月16日から始まる就職試験に臨むことになります。この約2ヶ月半の時期は、3年生の皆さんにとって、高校生活の集大成の時期であり、進路実現に向けて全力で取り組む時期となります。進学するにしても就職するにしても試験があります。目指す進路を実現するために、自分の力が足りなければ、何としても、そのレベルまで自分自身を引き上げるという強い決意を持って努力して欲しいと思います。
 また、1・2年生の皆さんには、できるだけ早い時期に自分の進路について考え、希望する進路を定めて欲しいと思います。そして、目標を立て、その達成に向けて日々努力を重ねていくことです。先のことだと思っていても、時間のたつのは早いです。今から準備しておいてください。
 高校生活3年間で、自分の進むべき道を決めなければならない皆さんに、すなわち人生の分岐点に立っている皆さんに、私の好きな言葉を紹介します。
『この道より我を生かす道なし、この道を歩く』
 これは、作家である武者小路実篤の言葉です。
 皆さんには、この世の中でたった一人の自分自身を生かすことができる道(進路)を選び、自分でその道(進路)を切り拓いていって欲しいという願いを込めてこの言葉を送ります。」(一部抜粋)
07:55
2018/06/07

6月全校朝会

| by:教務課
6月の全校朝会を行いました。
5月の「遅刻5回以内表彰」では、101HR、102HR、103HR、104HR、105HR、
106HR、22HR、23HR、32HR、33HRが校長先生より表彰されました。
 

       校長先生の訓話では、『挫折』についてのお話が
   ありました。
  「県高校総体が終わりました。本校の代表として出場
 した選手の皆さん、本当にお疲れ様でした。
 どの会場でも、どの競技でも、全力でプレーする選手
 の皆さんの姿に感動しました。
  阿南工業の有終の美を飾るために、また阿南光高校   
 の新たな歴史を創るために全力で頑張ってくれた選手
 の皆さんを心から誇りに思います。
  その一方で、競技には必ず勝ち負けがつきます。
 一生懸命努力したにもかかわらず、自分の目標が達成
 できなかったり、思うような成績を残すことができずに『挫折』を感じている人も少なからずいるのではないでしょうか。しかし、よく考えてみてください。人は生きていく中で必ず挫折を経験します。挫折を経験したことのない人はいないのではないでしょうか。
 今日は、誰もが経験する『挫折』についてお話ししたいと思います。辞書を引いてみると、挫折とは、
『仕事や計画が途中で失敗しだめになること。そのために意欲や気力をなくしてしまうこと』と書いてありました。大切なのは、辛いと感じられる経験(挫折)をいかにプラスに転換できるかということです。生徒の皆さんには、挫折を乗り越え、落ち込んだ気持ちを切り替えて、新しいことにチャレンジする『たくましさ』、『したたかさ』を身につけてほしいと思います。すなわち、辛さ(挫折)を乗り越え、自らを奮い立たせて、失敗しても失敗しても何度でも立ち向かっていってほしいのです。
偉大なエンジニアでありホンダの創業者でもある本田宗一郎さんは社員に対してこう言っています。
『チャレンジしての失敗を恐れるな。何もしないことを恐れろ』
また、なでしこジャパン前監督の佐々木則夫さんは選手たちにこう言っています。
『成功の反対は失敗ではない、失敗を恐れて何もやらないことだ』
 チャレンジには失敗を伴うことがあります。一歩を踏み出すには抵抗がある人もいるでしょう。しかし、
思い切って一歩を踏み出してみると、二歩目めは案外簡単だったりもします。とにかくチャレンジする勇気を持って一歩目を踏み出してみてください。
 これからの学校生活において、生徒の皆さんが『挫折』という経験から新たな目標を見つけ、その先にある夢に向かって果敢にチャレンジしてくれることを期待しています。」(一部抜粋)
14:37
2018/05/17

ものづくりコンテスト 旋盤作業部門 優勝!

| by:機械科
H30 5月13日(日)
第18回高校生ものづくりコンテスト旋盤作業部門 徳島県大会がポリテクセンター徳島にて行われました。

本校からは機械科3年福良颯真君が出場し、難関の課題製作に取り組みました。午前中の調整では緊張からか少しミスがありましたが、本番では練習の成果を発揮し、的確・冷静に課題を削り込みました。その結果、みごと優勝!四国大会への出場権を獲得しました。

四国大会は7月15・16日にかけて、香川県の四国ポリテクカレッジで行われます。全国大会目指して更なる練習に邁進します!


作業中の福良君

課題の寸法公差は100分の数ミリに迫ります

表彰式

校長先生と記念撮影

16:40 | ものづくりコンテスト
2018/05/12

PTA総会

| by:渉外厚生課
 5月12日(土)にPTA総会を開催しました。今年は、阿南工業・阿南光として、大変期待も高く、新校舎建造ということもあり、大変多くの保護者の方の来校がありました。とくに、一年生は阿南光高校生として、初めての入学生であり、実に世帯数にして71世帯(来校人数は約90人弱)、3年生の進路説明会には56世帯(来校人数は約70人)、総会には127人の保護者の方の参加ありました。全体では、最終的には、参加された世帯は154世帯(来校人数は約180人)と昨年の約3倍強の方々の来校がありました。

〔日程〕
  (1)受  付        8:30~          (本校玄関ホール)       (2)授業参観           9:00~ 9:40 (各教室ほか)
  (3)総  会          10:00~11:10 (本校多目的ホール)
  (4)諸連絡        11:10~11:20 (本校多目的ホール)
 (5)3年 進路説明会   11:30~12:20 (本校多目的ホール)
     1年 産業創造科 科目選択の説明会
               11:30~12:20 (会議室 1F)
        新校舎案内    1年工業科と2年     11:20~11:40  
                1年産業創造科と3年12:20~12:40  
  (6)昼  食         11:40~12:20 (食      堂)
                (1年工業科・2年保護者)
          昼  食         12:40~13:20 (食      堂)
                (1年産業創造科・3年保護者)
   (7)1年工業科・2年個人面談     12:20~ (各HR教室)
         1年産業創造科・3年個人面談 13:20~ (各HR教室)

09:49
2018/05/02

5月全校朝会

| by:教務課
5月の全校朝会を行いました。
3学年がそろい初めての全校朝会です。
4月の「遅刻5回以内表彰」では、101HR、102HR、103HR、104HR、105HR、106HR、22HR、23HR、31HR、32HR、33HRが校長先生より表彰されました。
 
 
校長先生の訓話では、『授業』についてのお話がありました。
「生徒の皆さんが学校で過ごす時間の大半は『授業』です。授業を担当する先生方は、日々、授業の何倍もの時間をかけて授業の準備をしています。皆さんに分かってもらうために、どう説明しようかと教材研究をしています。生徒の皆さんには、その思いを受けて授業に臨んでほしいと思います。もちろん全てを理解するのは難しいですし、興味が持てないものもあるでしょう。もし、分からないことがあれば、ぜひ先生に聞いてほしいと思います。皆さんの前向きな姿勢が、先生に伝わり、先生はさらに頑張ることでしょう。この先生と生徒とのコミュニケーションが、授業を充実したものにしていくのです。
最後に私の好きな言葉を紹介します。
『最高の授業には、最高の教師と最高の生徒が必要である』
生徒の皆さん、授業に大切にして下さい。そうすると、毎日の学校生活が充実します。そして先生方との良好な関係が、部活動等の活動にも広がっていきます。」(一部抜粋)
11:42
2018/04/23

平成30年度 高校生ものづくりコンテスト(木材加工部門)徳島県予選会

| by:建設科
日  時:平成30年4月21日(土)
会  場:徳島県立徳島科学技術高等学校エントランスホール

     奨励賞  建設科3年生 高橋唯斗君
            〃     任介剛斗君
            〃     山岡 諒君



本年度は3名の生徒が「ものづくりコンテスト」に参加しました。
上位入賞は果たせませんでしたが、次年度以降も四国大会出場を目指して取り組んでまいります。
10:39 | ものづくりコンテスト
2018/04/09

着任式・新任式・始業式

| by:教務課
着任式・新任式を行いました。
平成30年度定期異動で着任された儀宝修校長先生よりご挨拶がありました。
また、新任式では新たに本校に転任された28名の先生方が校長先生より紹介されました。

  

1学期始業式を行いました。
<学校長式辞>
 皆さん、いよいよ本日から、新しい学年がスタートします。皆さん一人一人が、期待と希望を持って
新学期に臨んでいることと思います。
 さて、3年生にとっては、いよいよ進路決定の年度であり、高校生活も最後の年となります。
この進路決定はこれからの人生にとって大切な決断となります。よく自分の将来のことを考えて、悔いのない進路決定ができるよう、全力で頑張って欲しいと思います。
 また、2年生は、勉強に部活動に、またそれ以外のことにと最も充実した時期であります。この2年生の時に、いかに努力するかは、3年生での進路決定に大きく影響してきます。努力を惜しまず、何事にも挑戦することを2年生には期待したいと思います。
 さて、皆さんも知っていると思いますが、明日、阿南光高校の開校式が行われます。
この1年間は、阿南工業高校と阿南光高校の2校が併設された学校となります。そして来年の3月には、阿南工業高校が閉校することになります。
 3年生の皆さんは、阿南工業高校生としての最後の生徒になります。そして、皆さんの卒業をもって
阿南工業高校が閉校します。すなわち、「阿南工業高校の最後の卒業生」になります。
 また、2年生の皆さんは、来年度、阿南光高校の3年生に転学することになります。そしてその1年後には、「阿南光高校生としての最初の卒業生」になります。
 このように、この1・2年で学校が阿南工業高校から阿南光高校へと大きく変わります。まず、そのことを認識して欲しいと思います。
 そこで、校長として、2・3年生の皆さんにお願いがあります。
 1つ目は、来年の3月に、阿南工業高校が昭和37年4月に開校して以来、56年の歴史に幕を下ろします。先輩や皆さんが築きあげてきた阿南工業高校の「歴史と伝統」の重みを感じながら、阿南工業高校の「有終の美」を飾って欲しいということです。
 2つ目は、閉校する阿南光高校の新たな歴史を、阿南工業高校と新野高校の伝統を受け継ぎながら創り上げて欲しいということです。
 そのためには、皆さん一人一人が阿南工業高校生としての「自覚」と「誇り」を持って、日々の学校生活ずべてに、一生懸命頑張ってほしいと願います。
 生徒の皆さんと私たち教職員が「チームあこう」の精神のもと、しっかりとスクラムを組んで、一緒に夢を追い、新しい歴史を創っていきたいと思っています。
 皆さん、一緒に頑張っていきましょう。
15:34
2018/03/01

第54回卒業証書授与式

| by:教務課
本日、第54回卒業証書授与式が挙行されました。
機械科69名、電気科28名、建設科17名合わせて114名が本校を巣立って行きました。

式次第
1 開式の辞
2 国歌斉唱
3 卒業証書授与式
4 学校長式辞
5 祝辞
6 在校生代表送辞
7 卒業生総代答辞
8 校歌斉唱
9 閉式の辞




学校長式辞

「卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。三年間の蛍雪の功成り、本日、晴れて卒業という栄誉を手にすることができました。大いに自信と誇りを持ってください。高校を卒業するということは、皆さんの努力の結晶であるということは言うまでもありませんが、家族、地域の人々や先生方等多くの人達の支えがあってのものであるということを忘れないでください。私は、数学が専門ですので、餞として、解が無数にある次の方程式を贈ります。「どうにかなるさ=どうにもならない」です。怠け心が出てきたときには、自分を奮い立たせるようにこの方程式の解法を考えてみてください。両辺を移項しても同じなので、「どうにもならない=どうにかなるさ」と見て方程式を解いてみてください。それでは、卒業される皆さんのご健康と洋々たる前途に幸多からんことを祈念いたしまして、式辞といたします。(一部抜粋)」

祝辞 PTA会長 野口 徹 さん

「卒業生の皆さん、ご卒業誠におめでとうございます。心からお祝い申し上げます。卒業とはゴールではなく、新たな出発の時です。就職される方、進学される方、進まれる道はそれぞれ違いますが、この伝統ある阿南工業高校としての誇りを持ち、夢や目標に向かって突き進み、自分の信じる道を切り拓いていかれますよう心より期待しています。卒業生の皆さんの未来が明るく、ますますご活躍されますことを祈念し、お祝いの言葉とさせていただきます。(一部抜粋)」

祝辞 同窓会長 横手 晋一郎 さん

「本日、阿南工業高等学校を卒業されます、114名のみなさん、そしてご参列の保護者の皆様、ご卒業、誠におめでとうございます。「バックキャスティング」という言葉があります。将来自分がなりたい理想とする形、目標となる状態を想定し、それに向かって今何をすべきかを考える思考法のことを言います。目標を持って、謙虚さを忘れず、しっかりと考えて、障害を越えていけば、必ず素晴らしいゴールは見えてきます。みなさんのご活躍を期待しております。(一部抜粋)」


在校生代表送辞 
21HR 田渕 壮樹

「本日、三年間の課程を終えられ、ご卒業される皆様に、在校生一同、心よりお祝い申し上げます。「雪に耐えて梅花麗し」という言葉があります。梅の花は、寒い冬を耐え忍ぶことで、春になれば一番美しく咲くそうです。この先、先輩方がそれぞれの花を咲かせ、人生がたくさんの幸福と希望に満ちあふれたものになることを私は信じています。皆様と過ごした二年という時間は、私たちにとって、あまりにも短いものでした。皆様の後輩としてこの阿南工業高校で学校生活を送ることができ、深く感謝しています。本当にありがとうごさいました。(一部抜粋)」

卒業生総代答辞 
32HR 井筒 遥大

「本日は、私たちのために、このように盛大な卒業の式典を挙行していただき、ありがとうございます。私たちは、みなさんから頂いたお祝いの言葉や励ましの言葉を深く心に刻んで、この学び舎を巣立ちます。阿南工業高校で学んだ知識や技術を活かし、何事にも諦めない根性を持って生きていきたいと思います。そして、立派な社会人になって、誰からも信頼される人間になります。くじけそうになった時は、最高の仲間と築いた「工業魂」を胸に壁を越え、一歩一歩成長していきます。(一部抜粋)」
16:37
2018/02/23

修学旅行5日目

| by:2学年
修学旅行5日目

東京ディズニーランド&シー→徳島

ディズニーランド&シー楽しみました!
今から羽田空港を出発して徳島に戻ります。


15:20 | 学校行事
2018/02/22

修学旅行4日目

| by:2学年
修学旅行4日目


東京自主研修


北海道から東京に到着しました。

全員元気に自主研修に向かいました。
夕方に東京ベイ舞浜ホテルに各自到着予定です。


13:10 | 学校行事
12345